【分散投資の必要性】少額でも分散投資って必要?

おはようございます、ルナコです。

今日は分散投資の必要性について私なりの考えをお話ししたいと思います。

私もまだまだ分散しきれていませんし、見ての通り資金も少ないので分散する必要があるの?という風に思われる方もいるかと思いますが、私の中では分散は必要だと思っている理由について説明したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ゴールを設定している

一つ目の理由は「ゴールを設定している」からです。ゴールとは全てのポジションもなく現金化されている状態のことです。全てではありませんし、期間がどれくらいになるのかわかりませんが、ゴールは決めています。

ゴールを決めているので、その投資自体の運用を休止する可能性があります。

例えばトラップトレードの場合、米ドル円120円、豪ドル円90円以上は休止すると決めているように価格がそれ以上になった場合、トラップトレードは機能しなくなります。

トラップトレードの新トラップ設定です。「連続予約注文」を使って狭いトラップを貼って回転を上げていこうと設定変更しました。

スワップ投資は今のところトルコリラ円が50円を超えたら1通貨ずつ決済していくというルールにしていますので、いつ終わるのかはわかりませんが、一応ゴールは設定しています。

「スワップ投資」の運用ルールについて説明しています。少額から始められて複利を最大限に生かせる形でトレードしたいと思って、毎週5通貨or10通貨+スワップの複利運用に取り組んでいます。

などなど、それぞれの投資が全て運用できている状態になるとは限らないため、少額でも分散して毎月安定して増やしていけるような地盤を作っています。

全てがうまくいくとは限らない

全ての投資が何年もうまくいくとは限りません。値動きにしてもそうですし、制度の変更により今までの運用ができなくなったということが起こらないとも限りません。

値動きに関しては先ほどのゴールを設定しているというのもそうですが、ものすごく狭い範囲でしか為替が動かないとなるとトラップトレードは微益しか得られませんし、私の運用しているストラテジーだとシストレ24は機能しなくなります。

何年にも渡って自分の思い通りに動く訳ではありませんので、分散が必要かと思っています。

制度の変更だと私の投資に影響を与えたのは「クリック株365の外貨金利適用」で、これから与えそうなのが「レバレッジ10倍規制」ですかね。。。

クリック株365でNYダウを配当をもらいながら複利運用したいと思っていたのですが、円金利→外貨金利になり、配当よりも金利負担が大きくなり、現在では運用を見合わています。

くりっく株365の制度変更もあり、「NYダウ」を投資するのに取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDを比較してみました。

日経新聞の記事にも載っていましたが、レバレッジ10倍規制は現状ではまだ導入されていませんが、検討はされています。

この規制が導入されるとトラップトレードやシストレ24の必要な証拠金の額が上がって、資金効率が悪くなるのではないかと思っています。。。規制がかかるとどのようになるのかは分かりませんが、できれば現行のママであってほしいと思います(´;ω;`)

このように今は機能していても10年後機能しているとは限りませんし、相場がどうなるのか読めるわけでもありませんので、分散しておくほうがいいと思っています。

分散すると投資資金の増額が穏やかになる

いくつかの投資に分散していると一つ一つの投資に対しての追加資金も分散されやすくなります。そうすると長期投資の場合、少しずつポジションも増えていくので一度に買うよりも相場に対して耐性もつきやすくなります。

長期保有する場合、含み損に慣れることはすごく重要だと思います。

バックテストなどで最大の含み損がいくらか? などは分かって運用していても、実際に運用してから暴落すると実際の含み損の増え方が怖くなり、耐えられなくなるということもあります。特に今まで運用していなかった銘柄や金融商品の場合、実際の値動きを経験していないため、より耐えられなくなる傾向にあると思います。

いい投資案件に出会うと投資資金を増やしたくなる気持ちになりますが、積立投資などで一定の資金を既存の方法に振り分けていると自然と一気に投資資金を入れられるということがなくなってくるので、それがかえっていい効果に繋がるのではないかと思っています。

分散投資のデメリット

いいところばかり書くのもなんなんで、デメリットも上げてみたいと思います。

1つ目は「一つひとつの投資は少額なため、利益も少ないこと」です。私が行っているトラップトレードやマネーハッチは1回の決済が20円前後です。少な過ぎですね( ̄∇ ̄;)

もちろん、1日に1回しか決済されないわけではないですが、いろいろな投資の決済益が重なればそれなりの利益にもなりますが、あまりにも利益が少なく感じて、続けていく気持ちを高く持ち続けることが難しくなりがちです。ここをじっくり構えて淡々と運用していけるかがポイントになります。

2つ目は「分散している対象が多いほど管理が大変」です。日々の口座のチェックや管理、確定申告など多ければ多いほど大変になります。

ある程度やっていると口座のチェックや管理は慣れてくるので一つひとつは数分で終わってしまうようなものですが、いくつもの口座を動かしているとそれなりに時間はかかりますし、その投資に対して新しい情報が出てきた時に調べたりすることも増えてきます。

普段どれくらい投資に時間を割けるかで運用も変わってくると思います。

自分が苦にならない程度にやれるのが一番ですね♪

最後に

分散投資に関しては考え方も人それぞれだと思いますし、相場観がしっかりとあり、見極められるなら分散投資は必要ないかと思いますし、資産の額によっても考え方が変わると思いますが、あくまでも私自身の経験を踏まえた上での考えなのでそこはご了承ください。

ただ、いろいろな投資をやっていると知識も増えますし、新たな投資をするのに今までの投資の経験が役に立つこともあります。新たな投資に踏み出しやすくもなりますし、失敗も含めて経験値が上がっていきます。

少額から分散することで経験値を貯めておいて大きな資金になったときに安心して運用していけるようになりたいです♪

こういった考えで運用していますが、どなたかの投資の参考になればいいな〜と思います。

読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

フォローする